自己破産でも借りれる消費者金融

キャッシング

自己破産とは

債務整理

自己破産者とは借金が返済できなくなった際にの債務整理の一つです。自己破産をすると信用情報機関の事故情報に登録されてしまいますので、通常は五年から七年の間、貸金業者からキャッシングが出来なくなります。過去に自己破産や個人再生などの債務整理をした人は、信用度もゼロでお金を融資してくれるところはありません。そのような人物に融資をすることは高いリスクを伴うからです。

しかし、ブラック対象者や借り入れ件数の多い多重債務者を専門に融資をしている金融会社も存在します。余程、取立てに自信があるのだと思いますが、毎月の支払いさえキチンとしていれば、何も怖がることもありません。闇金融といっても、貸金業に登録をしていないだけのことで、やっていることは他の消費者金融と同じことです。

貸す側もリスクがあるのなら、借りる側も同様のリスクがあって当然のことでしょう。そのような自己破産者のようなブラック対象者でもお金が借りれる消費者金融を探すには、当サイトの情報をご利用になってもいいですし、金融情報など専門の掲示板のクチコミ情報を見るのも良いでしょう。

重要なことは、貸付金利がどの程度なのかということです。あまりにも高いようでしたら、見送ったほうが得策でしょう。金利が高いと、毎月の支払いは利子のみになってしまって、いつまで経っても元金が減らないということになってしまいます。

アベノミクスで円安と株高が進行し、いかにも世の中が好景気のような錯覚を受けてしまいますが、実際は儲けているのは一部の金持ちだけで、大部分の人は同じかそれ以下なのです。賃金は上がらない上に、ガソリンなどの物価の上昇で、一般人の生活はますます困窮しています。そんな苦しい生活環境

ブラックリストとは、消費者金融や信販会社の組合が設立した信用調査会社が、過去に自己破産や債務整理をした人たちを、要注意人物としていることを意味します。通常、掲載期間は5年から7年と言われています。ブラックリストに掲載されている期間は、大手の消費者金融から中小のキャッシングに至るまで、審査に通ることはありません。

消費者金融を選ぶ場合の注意点

消費者金融でお金を借りる際に注意することは、まず第一に金利です。現在の上限金利は20.0%ですので、それ以上の金利をとっている金融会社は避けたほうが賢明でしょう。もしも、借り入れ件数がまったくなければ、金利の低い大手の銀行系消費者金融がおすすめです。

現在の勤務年数が一年以上で毎月定期的な収入があれば、審査で落とされることはありません。もしも借り入れ件数が3件程度ならば、中小の消費者金融をあたるとよいでしょう。大手銀行系と比較するといくぶん金利が高くなりますが、その分、審査が甘くなりますので、借りやすくなっております。

それ以上の借り入れがあるような多重債務者は、闇金融をあたる他はありません。もっとも闇金融といってもピンからキリで、上限金利をはるかに上回るような暴利をとっているところは論外です。そのようなところで借りるくらいならば、自己破産をしてさっさと借金を清算したほうが得策です。

金融会社で一番人気のローン

更新

2015.4.12
中小の消費者金融審査基準を更新しました。
2013.04/25
自己破産をする場合の手順と注意事項を更新しました。

0激甘審査NO1!
消費者金融一覧

最終更新日 2016.9.7

金融業界の基礎知識