キャッシング

資金不足部門

0

国民経済各部門の経済活動は、実物取引(貨幣の「表」の流れ)と金融取引(貨幣の「裏」の流れ)の2つの取引面を通じて行われる。いま各部門の資金の受払関係を表すと、収入+金融負債の増加=支出+金融資産の増加となる。左辺は資金の源泉・流入、右辺はその処分方法・流出をそれそれ表しています。

たとえば家計部門の場合には、収入は可処分所得、支出は消費支出プラス投資支出となる。推移して、整理すると貯蓄−投資=金融資産の増加−金融負債の増加となります。法人企業部門や公共部門においてもこれが成立します。

このように実物面における貯蓄と投資の差で表される資金過不足は、先に述べた金融資産の増加と金融負債の増加に反映されています。つまり経済各部門の資金過不足は、(通貨、預金、各種の負債証書からなる)金融資産と金融負債の増減によって調整されているのです。

国内における各経済部門と資金過不足の推移については、資金不足部門はいつの時代も同じであるとは限りませんが、それでも部門別にかなり明確に資金過不足に慢性化しているのが現状です。なお、頭上で、プラスの値をとる場合には、その部門は資金余剰であり、逆にマイナスの値をとる場合には、その部門は資金不足です。